地震津波に対する本当の避難訓練とは何か?

「世界津波の日」決議で問われる日本のソフト対策

 国連総会第二委員会は12月5日、毎年115日を「世界津波の日」とすることを全会一致で決めた。11月5日は日本で「津波防災の日」と定められており、日本がこの日を世界津波の日とするよう呼びかけた結果という。しかし寡聞にして「津波防災の日」なるものが制定されていることを知らなかった。実際これまで、あまり話題にならなかったような気がする。

 

 内閣府によると「津波防災の日」は2011年6月に制定された「津波対策の推進に関する法律」で決められた。11月5日とした理由について内閣府は広報で、1854年(安政元年11月5日)に発生し紀伊半島沿岸などが大津波に襲われ大被害が出た安政南海地震の時、紀州藩広村(現・和歌山県広川町)で濱口梧陵が暗闇で逃げる方向を見失わないように稲むらに火を放ったという故事にちなんだとしている。

 

 日本では別に「防災の日」があり、こちらは関東大震災が発生した9月1日。なぜ「津波防災の日」を3月11日とせず、11月5日としたのか。経緯はよく分からないが、議論はなかったのだろうか。その「津波防災の日」の行事、今年は「ふなっしー」まで登場させたらしいが、関係地以外で話題になった様子はない。東北地方はどうだったのだろうかと、手元で確認できる河北新報を探したら、さすがに116日付け朝刊で「津波防災の日」特集を載せていた。

 

 その特集記事に載った「目指す 慌てず高台」という秋田港での小学校児童と住民の避難訓練の記事に驚いた。記事は「児童らは津波警報を知らせるサイレンが鳴った後、消防署員らの指示に従い、避難経路を確認しながら移動した」との内容で、2列になって消防署員の誘導に従って歩く児童の写真が大きく載っている。

 

 これは違うのではないか。おかしくないだろうか。岩手県中心に東北地方では「津波てんでんこ」という言葉がよく知られている。地震発生後、津波警報が出たら「てんでんこ」に逃げる方針ではなかったのか。東日本大震災の教訓はどこに行ったのかと思わざるを得ない。

 

というのも、秋田県は1983年5月26日発生した日本海中部地震(震源域は秋田県能代市沖、M7.7)で多数の津波被害を出したところである。この時の地震津波は最も早いところで地震発生から7、8分で到達。当時の気象庁の津波警報の時間、制度の問題もあって、津波による死者は100人となった。

 

 大きな揺れに見舞われると4、5分は動けないといわれる。地震発生から10分程度で沿岸に到達するとなると、わずか4、5分で高台に大急ぎで避難しなければ助からない。まさに「津波てんでんこ」。2列になって消防署員の誘導で歩いていては逃げられないのだ。

 

 津波避難訓練では、今年の「防災の日」を前にNHK静岡放送局が静岡県内の幼稚園児による避難訓練の様子を放送していた。地震発生後、園児達は机の下などに身を隠したが、揺れが収まった(という合図)とたん、各自バラバラに駆け出し、近くの津波避難タワーに駆け上った。これが本当の避難訓練だろう。しかし実際は、秋田県のような危ない避難訓練は今も全国各地で行われている恐れが強い。

 

 政府や行政、マスコミ、NGOなども「釜石の奇跡(最近は「出来事」に変更したらしいが)」を大きく取り上げている。内閣府の「津波防災の日」についての記述も、その線に沿ったものだ。しかし秋田の事例は、そうした「成功事例」のみでは新たな成果は得られないという典型例と思える。むしろ最悪の被災となった石巻市の大川小学校を教訓にするべきではないだろうか。

 

 大川小学校の語り部、娘さんをなくした元教員の佐藤敏郎さんによると、大川小学校では108人中74人が死亡したが、78人は地震後校庭に集まっていた。大津波警報も全員に伝わっていた。住民の避難を知り、山に逃げようと進言した生徒もいた。しかし教師が校庭に戻して、津波に襲われるギリギリまで校庭に留まってしまった。これは既によく知られている事実だ。

 

 重要なことは、地域の住民は避難を始めており、てんでんこに逃げていた。大川小学校問題は怪しげな「第三者委員会」報告書で蓋をしてしまうのではなく、教育機関や行政、政治家がもっときちんと考えなければならないが、最大の問題はまともな避難マニュアルを作っておらず、静岡県の幼稚園のような真剣な避難訓練を行っていたかったことだ。その上で「全員がそろうまで」いたずらに時間を浪費し、整列を組んで避難しようとしたことが悲劇につながったことは間違いない。

(2015年127日)