書評

アジアの地名に付ける英語名に強い違和感

これまで気付かなかっただけなのだが、中国が領有権を主張している南シナ海の南沙諸島や西沙諸島の島々のニュースで、NHKのアナウンサーがいちいち「英語名」を出していることに気付いた。

 

 NHKだけなのかと思い、手元の新聞を見ると、例えば東京新聞は「中国が実効支配する南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島」とか「地対空ミサイルを配備した永興(英語名ウッディー島、ベトナム名フーラム)島」などの表記となっていた。朝日新聞も「南沙諸島(英語名スプラトリー)」という表現をしており、日本のメディアは皆同じ表現をしていることが分かった。

 

 NHKのアナウンサーがあまりに「英語名なにがし」と繰り返したので目立ったのだが、耳で聞くと強い違和感がある。領有権を争っているのなら、主張している国の表記を並列すればいいのではないか。

 

 いつから、このような「英語名」を付けるようになったのだろうか。共同通信のデータベースをみると、1995年前後から南沙諸島に「英語名スプラトリー」という表示をしていたようだ。これも各社横並びなのだろう。日本は自社さ連立内閣で村山富市首相の時代だったが、南シナ海問題で特段の動きがあったようには思えないが、外務省辺りがマスメディア各社に焚き付けたのかもしれない。

 

 領有権が争われている地域について欧米のメディアはどう表現しているか。日中が争っている尖閣列島について英国のBBCは「the Senkaku islands in Japan and the Diaoyu islands in China」と両方の主張通り併記している。ニューヨーク・タイムズなども同じだ。中立的で公正な記載の仕方だと思う。

 

 米軍中心の連合国軍が日本を占領していた当時、今の代々木公園やNHKがある辺りは「ワシントンハイツ」という英語名だった。今も沖縄では米軍基地は皆英語名だ。米軍支配を想起させる「英語名」を無頓着に付ける神経と、沖縄への冷淡さに共通するものがあるのではないだろうか。

 

2016225日)これまで気付かなかっただけなのだが、中国が領有権を主張している南シナ海の南沙諸島や西沙諸島の島々のニュースで、NHKのアナウンサーがいちいち「英語名」を出していることに気付いた。

 

 NHKだけなのかと思い、手元の新聞を見ると、例えば東京新聞は「中国が実効支配する南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島」とか「地対空ミサイルを配備した永興(英語名ウッディー島、ベトナム名フーラム)島」などの表記となっていた。朝日新聞も「南沙諸島(英語名スプラトリー)」という表現をしており、日本のメディアは皆同じ表現をしていることが分かった。

 

 NHKのアナウンサーがあまりに「英語名なにがし」と繰り返したので目立ったのだが、耳で聞くと強い違和感がある。領有権を争っているのなら、主張している国の表記を並列すればいいのではないか。

 

 いつから、このような「英語名」を付けるようになったのだろうか。共同通信のデータベースをみると、1995年前後から南沙諸島に「英語名スプラトリー」という表示をしていたようだ。これも各社横並びなのだろう。日本は自社さ連立内閣で村山富市首相の時代だったが、南シナ海問題で特段の動きがあったようには思えないが、外務省辺りがマスメディア各社に焚き付けたのかもしれない。

 

 領有権が争われている地域について欧米のメディアはどう表現しているか。日中が争っている尖閣列島について英国のBBCは「the Senkaku islands in Japan and the Diaoyu islands in China」と両方の主張通り併記している。ニューヨーク・タイムズなども同じだ。中立的で公正な記載の仕方だと思う。

 

 米軍中心の連合国軍が日本を占領していた当時、今の代々木公園やNHKがある辺りは「ワシントンハイツ」という英語名だった。今も沖縄では米軍基地は皆英語名だ。米軍支配を想起させる「英語名」を無頓着に付ける神経と、沖縄への冷淡さに共通するものがあるのではないだろうか。

 

2016225日)これまで気付かなかっただけなのだが、中国が領有権を主張している南シナ海の南沙諸島や西沙諸島の島々のニュースで、NHKのアナウンサーがいちいち「英語名」を出していることに気付いた。

 

 NHKだけなのかと思い、手元の新聞を見ると、例えば東京新聞は「中国が実効支配する南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島」とか「地対空ミサイルを配備した永興(英語名ウッディー島、ベトナム名フーラム)島」などの表記となっていた。朝日新聞も「南沙諸島(英語名スプラトリー)」という表現をしており、日本のメディアは皆同じ表現をしていることが分かった。

 

 NHKのアナウンサーがあまりに「英語名なにがし」と繰り返したので目立ったのだが、耳で聞くと強い違和感がある。領有権を争っているのなら、主張している国の表記を並列すればいいのではないか。

 

 いつから、このような「英語名」を付けるようになったのだろうか。共同通信のデータベースをみると、1995年前後から南沙諸島に「英語名スプラトリー」という表示をしていたようだ。これも各社横並びなのだろう。日本は自社さ連立内閣で村山富市首相の時代だったが、南シナ海問題で特段の動きがあったようには思えないが、外務省辺りがマスメディア各社に焚き付けたのかもしれない。

 

 領有権が争われている地域について欧米のメディアはどう表現しているか。日中が争っている尖閣列島について英国のBBCは「the Senkaku islands in Japan and the Diaoyu islands in China」と両方の主張通り併記している。ニューヨーク・タイムズなども同じだ。中立的で公正な記載の仕方だと思う。

 

 米軍中心の連合国軍が日本を占領していた当時、今の代々木公園やNHKがある辺りは「ワシントンハイツ」という英語名だった。今も沖縄では米軍基地は皆英語名だ。米軍支配を想起させる「英語名」を無頓着に付ける神経と、沖縄への冷淡さに共通するものがあるのではないだろうか。

 

2016225日)これまで気付かなかっただけなのだが、中国が領有権を主張している南シナ海の南沙諸島や西沙諸島の島々のニュースで、NHKのアナウンサーがいちいち「英語名」を出していることに気付いた。

 

 NHKだけなのかと思い、手元の新聞を見ると、例えば東京新聞は「中国が実効支配する南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島」とか「地対空ミサイルを配備した永興(英語名ウッディー島、ベトナム名フーラム)島」などの表記となっていた。朝日新聞も「南沙諸島(英語名スプラトリー)」という表現をしており、日本のメディアは皆同じ表現をしていることが分かった。

 

 NHKのアナウンサーがあまりに「英語名なにがし」と繰り返したので目立ったのだが、耳で聞くと強い違和感がある。領有権を争っているのなら、主張している国の表記を並列すればいいのではないか。

 

 いつから、このような「英語名」を付けるようになったのだろうか。共同通信のデータベースをみると、1995年前後から南沙諸島に「英語名スプラトリー」という表示をしていたようだ。これも各社横並びなのだろう。日本は自社さ連立内閣で村山富市首相の時代だったが、南シナ海問題で特段の動きがあったようには思えないが、外務省辺りがマスメディア各社に焚き付けたのかもしれない。

 

 領有権が争われている地域について欧米のメディアはどう表現しているか。日中が争っている尖閣列島について英国のBBCは「the Senkaku islands in Japan and the Diaoyu islands in China」と両方の主張通り併記している。ニューヨーク・タイムズなども同じだ。中立的で公正な記載の仕方だと思う。

 

 米軍中心の連合国軍が日本を占領していた当時、今の代々木公園やNHKがある辺りは「ワシントンハイツ」という英語名だった。今も沖縄では米軍基地は皆英語名だ。米軍支配を想起させる「英語名」を無頓着に付ける神経と、沖縄への冷淡さに共通するものがあるのではないだろうか。

 

2016225日)これまで気付かなかっただけなのだが、中国が領有権を主張している南シナ海の南沙諸島や西沙諸島の島々のニュースで、NHKのアナウンサーがいちいち「英語名」を出していることに気付いた。

 

 NHKだけなのかと思い、手元の新聞を見ると、例えば東京新聞は「中国が実効支配する南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島」とか「地対空ミサイルを配備した永興(英語名ウッディー島、ベトナム名フーラム)島」などの表記となっていた。朝日新聞も「南沙諸島(英語名スプラトリー)」という表現をしており、日本のメディアは皆同じ表現をしていることが分かった。

 

 NHKのアナウンサーがあまりに「英語名なにがし」と繰り返したので目立ったのだが、耳で聞くと強い違和感がある。領有権を争っているのなら、主張している国の表記を並列すればいいのではないか。

 

 いつから、このような「英語名」を付けるようになったのだろうか。共同通信のデータベースをみると、1995年前後から南沙諸島に「英語名スプラトリー」という表示をしていたようだ。これも各社横並びなのだろう。日本は自社さ連立内閣で村山富市首相の時代だったが、南シナ海問題で特段の動きがあったようには思えないが、外務省辺りがマスメディア各社に焚き付けたのかもしれない。

 

 領有権が争われている地域について欧米のメディアはどう表現しているか。日中が争っている尖閣列島について英国のBBCは「the Senkaku islands in Japan and the Diaoyu islands in China」と両方の主張通り併記している。ニューヨーク・タイムズなども同じだ。中立的で公正な記載の仕方だと思う。

 

 米軍中心の連合国軍が日本を占領していた当時、今の代々木公園やNHKがある辺りは「ワシントンハイツ」という英語名だった。今も沖縄では米軍基地は皆英語名だ。米軍支配を想起させる「英語名」を無頓着に付ける神経と、沖縄への冷淡さに共通するものがあるのではないだろうか。

 

2016225日)これまで気付かなかっただけなのだが、中国が領有権を主張している南シナ海の南沙諸島や西沙諸島の島々のニュースで、NHKのアナウンサーがいちいち「英語名」を出していることに気付いた。

 

 NHKだけなのかと思い、手元の新聞を見ると、例えば東京新聞は「中国が実効支配する南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島」とか「地対空ミサイルを配備した永興(英語名ウッディー島、ベトナム名フーラム)島」などの表記となっていた。朝日新聞も「南沙諸島(英語名スプラトリー)」という表現をしており、日本のメディアは皆同じ表現をしていることが分かった。

 

 NHKのアナウンサーがあまりに「英語名なにがし」と繰り返したので目立ったのだが、耳で聞くと強い違和感がある。領有権を争っているのなら、主張している国の表記を並列すればいいのではないか。

 

 いつから、このような「英語名」を付けるようになったのだろうか。共同通信のデータベースをみると、1995年前後から南沙諸島に「英語名スプラトリー」という表示をしていたようだ。これも各社横並びなのだろう。日本は自社さ連立内閣で村山富市首相の時代だったが、南シナ海問題で特段の動きがあったようには思えないが、外務省辺りがマスメディア各社に焚き付けたのかもしれない。

 

 領有権が争われている地域について欧米のメディアはどう表現しているか。日中が争っている尖閣列島について英国のBBCは「the Senkaku islands in Japan and the Diaoyu islands in China」と両方の主張通り併記している。ニューヨーク・タイムズなども同じだ。中立的で公正な記載の仕方だと思う。

 

 米軍中心の連合国軍が日本を占領していた当時、今の代々木公園やNHKがある辺りは「ワシントンハイツ」という英語名だった。今も沖縄では米軍基地は皆英語名だ。米軍支配を想起させる「英語名」を無頓着に付ける神経と、沖縄への冷淡さに共通するものがあるのではないだろうか。

 

2016225日)これまで気付かなかっただけなのだが、中国が領有権を主張している南シナ海の南沙諸島や西沙諸島の島々のニュースで、NHKのアナウンサーがいちいち「英語名」を出していることに気付いた。

 

 NHKだけなのかと思い、手元の新聞を見ると、例えば東京新聞は「中国が実効支配する南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島」とか「地対空ミサイルを配備した永興(英語名ウッディー島、ベトナム名フーラム)島」などの表記となっていた。朝日新聞も「南沙諸島(英語名スプラトリー)」という表現をしており、日本のメディアは皆同じ表現をしていることが分かった。

 

 NHKのアナウンサーがあまりに「英語名なにがし」と繰り返したので目立ったのだが、耳で聞くと強い違和感がある。領有権を争っているのなら、主張している国の表記を並列すればいいのではないか。

 

 いつから、このような「英語名」を付けるようになったのだろうか。共同通信のデータベースをみると、1995年前後から南沙諸島に「英語名スプラトリー」という表示をしていたようだ。これも各社横並びなのだろう。日本は自社さ連立内閣で村山富市首相の時代だったが、南シナ海問題で特段の動きがあったようには思えないが、外務省辺りがマスメディア各社に焚き付けたのかもしれない。

 

 領有権が争われている地域について欧米のメディアはどう表現しているか。日中が争っている尖閣列島について英国のBBCは「the Senkaku islands in Japan and the Diaoyu islands in China」と両方の主張通り併記している。ニューヨーク・タイムズなども同じだ。中立的で公正な記載の仕方だと思う。

 

 米軍中心の連合国軍が日本を占領していた当時、今の代々木公園やNHKがある辺りは「ワシントンハイツ」という英語名だった。今も沖縄では米軍基地は皆英語名だ。米軍支配を想起させる「英語名」を無頓着に付ける神経と、沖縄への冷淡さに共通するものがあるのではないだろうか。

 

2016225日)これまで気付かなかっただけなのだが、中国が領有権を主張している南シナ海の南沙諸島や西沙諸島の島々のニュースで、NHKのアナウンサーがいちいち「英語名」を出していることに気付いた。

 

 NHKだけなのかと思い、手元の新聞を見ると、例えば東京新聞は「中国が実効支配する南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島」とか「地対空ミサイルを配備した永興(英語名ウッディー島、ベトナム名フーラム)島」などの表記となっていた。朝日新聞も「南沙諸島(英語名スプラトリー)」という表現をしており、日本のメディアは皆同じ表現をしていることが分かった。

 

 NHKのアナウンサーがあまりに「英語名なにがし」と繰り返したので目立ったのだが、耳で聞くと強い違和感がある。領有権を争っているのなら、主張している国の表記を並列すればいいのではないか。

 

 いつから、このような「英語名」を付けるようになったのだろうか。共同通信のデータベースをみると、1995年前後から南沙諸島に「英語名スプラトリー」という表示をしていたようだ。これも各社横並びなのだろう。日本は自社さ連立内閣で村山富市首相の時代だったが、南シナ海問題で特段の動きがあったようには思えないが、外務省辺りがマスメディア各社に焚き付けたのかもしれない。

 

 領有権が争われている地域について欧米のメディアはどう表現しているか。日中が争っている尖閣列島について英国のBBCは「the Senkaku islands in Japan and the Diaoyu islands in China」と両方の主張通り併記している。ニューヨーク・タイムズなども同じだ。中立的で公正な記載の仕方だと思う。

 

 米軍中心の連合国軍が日本を占領していた当時、今の代々木公園やNHKがある辺りは「ワシントンハイツ」という英語名だった。今も沖縄では米軍基地は皆英語名だ。米軍支配を想起させる「英語名」を無頓着に付ける神経と、沖縄への冷淡さに共通するものがあるのではないだろうか。

 

2016225日)